薬剤師にもコミュニケーション能力が必要です

薬剤師にもコミュニケーション能力が必要です

昨今、趣味の多様化に伴ってコミュニケーションを取ることが苦手になっている人が少なくありません。楽しさなど自己で完結してしまうので、他人と関わりを持つ必要がないと考えてしまう人も中にはいるそうです。

ですが、社会に出るのならコミュニケーション能力は必須とも言えます。特に薬剤師ならば、しっかりと患者さんの症状をヒアリングして最適な処方箋を出してあげなくてはいけません。ですので、コミュニケーション能力は薬剤師にとって薬の知識に劣らないくらいに必要なスキルなのです。

今回はそんな患者さんとのコミュニケーションのお話をさせていただきます。

コミュニケーション能力の重要性

コミュニケーションと一口に言ってもコミュニケーションで大事な要点というものは色々とあります。
まず第1に大事なことが「聴く」ことです。これができなくては、会話は成立しません。
特にかかりつけ薬剤師はこれができないと話になりません。自分の担当の患者さんの話すら聴けないようでは成り立ちませんから。

薬剤師は薬の専門家でありそれを仕事としているので、薬の効能や注意点などをしっかりと説明しなければいけない、という使命感はわかるのですが、患者さんとの温度感を考えずに一方的な説明をしていてはいけません。それは対話ではありませんから。

聴くことが大事とも伝えましたが、患者さんの心境を「見る」「感じる」というのも重要なコミュニケーションスキルです。患者さんが今どんな心境で薬を欲しているのか? 薬を飲むことに抵抗はあるのか? 病状に対して不安をもっていないか? など見るべき、患者さんの様子は多々あります。

そこを見極めて、今はあまり深刻な話はしないようにしよう、など距離感、温度感を図るようにしましょう。その際に役立つスキルが話術です。

患者さんは病気のことが気になって仕方がないので、頭の整理がしっかりとなされていないかもしれません。そのまま患者さんに状態を説明してくださいと言っても、支離滅裂な情報しか得られないかもしれません。

話術があれば、情報を小出しに得ることができます。要点を1つずつ聞かれれば患者さんも冷静に頭の中を整理しやすいはずです。その際に注意すべき点が1つ。ただ、細切れに質問をすればよいというものではもちろんありません。

大事なのは雑談を交えて情報を引き出すことにあります。普段はどんな食事をしていますか? あれは美味しいですよね、この食材ってこんな栄養があるんですよ、といった具合に自然な流れで対話をするのが患者さんとコミュニケーションをとるコツです。

難しいことかもしれませんが、薬剤師として生きていくためにコミュニケーション能力は重要な要素なのでしっかりと身につけるようにしてくださいね。

ヒアリングの際の注意点

昨今はネットが発達していますから、ネットで情報を調べてから薬を買いにくる患者さんも多くいらっしゃいます。ですが、ネットは正解も多く散らばっていますが、間違いも多く散らばっています。ですので、時折間違った知識を持ったまま薬を訝しむ患者さんも少なくはありません。

そういった患者さんと対峙した際に、頭ごなしにそれは間違った知識だ! と指摘するのはやめましょう。患者さんが薬を欲する時は何かしら不安な心境に陥っている場合が多いです。

そんな状態の患者さんの意思を無視して、意見を否定などしてしまうと、患者さんはパニックになって反論してきてしまうかもしれません。そうなってしまってはもう信頼感も何もなくなってしまいます。薬は用法を間違えば危険ですので、信頼感がなくては使えない代物です。

患者さんからの信頼感を得るためにも柔らかく段階を踏むように薬に対する正しい知識を説明していきましょう。その際にも一方的に説明をするのではなく、対話を交えながら患者さんと向き合うことを忘れないようにしましょう。


▲TOPへ