薬剤師として認知症患者のサポートをしよう

薬剤師として認知症患者のサポートをしよう

薬剤師としての仕事は、多岐に渡ります。ただお薬を調合したり、患者さんに適切な服薬指導をしたりするだけではありません。かかりつけ薬局の薬剤師として働くのであれば、当然、患者さんとのコミュニケーションなども必要です。

そうして患者さんとの関わり合いが深くなってくると、患者さんのさまざまな変化にも気づきやすくなります。例えば、認知機能の低下といった変化にも気づけるようになるかもしれません。認知症患者さんにとっては、この薬剤師の気づきが早期治療への糸口になることもあります。

もし認知機能の低下を知らせるサインに気づいたら、しっかりと薬剤師としてサポートをしてあげましょう。とはいえ、実際に認知機能低下の可能性がある患者さんやその家族に対して、どのようなサポートを行なっていけばいいのでしょうか?

薬剤師としての認知機能低下の気づき

かかりつけ薬局の薬剤師として働いていると、患者さんとのコミュニケーションが深くなってきます。その中で患者さんに対して、認知機能低下などの気付きを発見することがあります。例えば、どういった気付きが考えられるのでしょうか。

・シャツのボタンを掛け間違えている
・靴下の色が片方ずつ異なる
・いつもと違った様子を見せている etc…

普段は几帳面な患者さんなのに、上記のようなことが見られたら注意が必要かもしれません。服薬指導を行う際やコミュニケーションをとる際などは、しっかりと患者さんの変化に目を配りましょう。認知症は、早期発見そして早期治療が非常に重要です。そういった意味では、かかりつけ薬局での患者さんとの会話は、認知症の早期発見の窓口になり得るということです。

もし患者さんの中に発言や行動が気になる人がいたら、経過をチェックするようにしましょう。そのためには、患者さんの『フォローリスト』を作るとチェックしやすくなります。変化に気づいた日付と合わせて、その変化の内容について記載していくものです。これによって、変化レベルなどがわかりやすくなり、結果として認知機能レベルを確認する情報にもなります。

また患者さんの気になる行動や言動に対して、薬剤師自身がどのような対応をしたかという点も記載すると良いですよ。認知機能低下が疑われる患者さんの経過をわかりやすく観察することができます。

患者さんやご家族への対応について

認知症の治療を進めていくためには、家族の理解・サポートは必須です。薬剤師としてコミュニケーションを取る中で、患者さんに対して何らかの変化に気づいたら、できるだけ家族には伝えておきたいところです。デリケートな問題にもなり得るので、伝え方はしっかりと考えなくてはいけません。

家族の心情を気遣いながら、認知症の可能性を伝えることも薬剤師の役目と言えます。しかしその伝えることが認知症の早期治療に繋がるのです。もちろん家族にお伝えする際は、患者さん本人にもその場に同席してもらうことが望ましいです。

しかし患者さんの中には、認知症の疑いがあると伝えられ、過敏な反応をするケースも決して珍しい話ではありません。家族、そして患者さん本人に伝える場合は、できるだけ患者さんの立場から話すように心がけましょう。

認知症に欠かせない服薬治療

認知症治療に欠かせないのが、何と言ってもお薬の存在です。認知症を悪化させないためにも服薬治療を進めていかなくてはなりません。

患者さんとのコミュニケーションの中で、患者さんに認知機能低下の可能性が出てきた場合、その患者さん本人やご家族には、どのように対応していけばいいのでしょうか?

認知症に限った話ではありませんが、治療を進めるにあたって家族の理解とサポートは、欠かせないものになります。基本的に認知症の治療は、在宅での行なうことになります。そういった面から考えると、患者さん自身がお薬の管理をできなくなるケースも考えておかなければなりません。

ですから家族はもちろんのこと、訪問看護師やヘルパーなどと連携を取りながら、協力して治療を進めていく必要があります。誰かが1人で抱え込むという状況にならないように、周囲で見守っていくことが大切です。

このように家族や訪問看護師、ヘルパー、専門医師などと連携を取る際に活躍してくれるのが、前述した『フォローリスト』のような記録帳です。この記録があれば、連携を取る際に症状や進行具合などを明確に伝えることができます。

訪問薬剤管理指導でサポート

認知症の患者さんに対して治療を行なっていくにあたって、『訪問薬剤管理指導』を行うことも増えていくことでしょう。この訪問薬剤管理指導の良いところとしては、やはり生活の様子を見ながら対応していくことができるという点です。精神・行動症状が重い場合は、薬の飲み忘れや誤飲を招く可能性も高くなります。

こういった患者さんの状況をしっかりと見ながら、薬剤師としてできるサポートをしっかりと行なっていかなくてはなりません。薬剤師である自分がどのようなサポートを行えるのか、しっかりと考えて今後に備えていきましょう。

認知症患者さんには、介護スタッフが付くこともありますが、介護スタッフだけではどうしても対応しきれない部分もあります。例えば、誤飲や重複服薬が原因による症状の悪化などは、介護スタッフでは気づきにくいです。

そういった時に気付けるのが、やはり薬剤師の経験と知識です。訪問する際には、しっかりと患者さん自身やその生活の様子をチェックしましょう。かかりつけ薬局となると、24時間対応になるので、直接連絡が来るケースも多くなります。薬局の営業時間外に連絡が来た際の対応はどうするのかなど、きちんと方向性なども決定しておくことをおすすめします。

認知症はどんな病気?

ここからは、認知症について軽く触れていきたいと思います。認知症は、元々『痴呆(ちほう)』と呼ばれていましたが、現在では認知症という呼び方が普及するようになりました。そんな認知症は、どういった症状を指すのでしょうか?

認知症は、さまざまな原因から脳の細胞が死んだり働きが悪くなったりすることで、いろんな障害を引き起こします。生活にも支障を来すほどの状態を認知症と言います。脳は、人間の活動をコントロールする部分で、いわば司令塔の役割を持っています。この脳に何らかの問題が生じれば、精神・身体活動がスムーズに行えなくなるのです。

認知症にもいろんな種類がある

認知症にも、実はさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。脳血管型認知症やレビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、そしてアルツハイマー型認知症です。非常にポピュラーなのは、やはりアルツハイマー型認知症です。聞いたことがある人は、多いと思います。

むしろほとんどの人は、認知症=アルツハイマーと認識している人も多いのではないでしょうか。厳密に言えば、それぞれ症状や治療方法に違いがあります。アルツハイマー型認知症に関しては、初期症状として記憶障害を起こします。例えば、食べた晩ご飯のメニューを思い出せない……ということではなく、晩ご飯を食べた体験そのものを覚えていないといった記憶障害が起こります。さらに進行具合によって、いろんな症状も出てきます。それぞれの認知症タイプについてしっかりと知識を深めておくことも大切と言えるでしょう。


▲TOPへ