今話題の新しく登場したデジタル医薬品っていったいどんなもの? 

今話題の新しく登場したデジタル医薬品っていったいどんなもの? 

皆さんは最近話題のデジタル医薬品はご存知でしょうか? 
2017年11月13日、大手製薬会社、大塚製薬が開発したデジタル医薬品がFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されました。

このデジタル医薬品とはいったいどんなものなのか。
そして、デジタル医薬品は今後の医療分野においてどのような影響をもたらすのか、話題のデジタル医薬品とは何かを紹介していきます。

デジタル医薬品とは

デジタル医薬品とは、錠剤の中に極小のセンサーチップを埋め込んだデジタル技術を使用された薬の事です。

このセンサーチップの大きさはわずか直径0.5mmなので、錠剤の大きさとほとんど変わりがありません。

通常の錠剤を服用する時は特別気を付けることもなく、通常通り錠剤を服用することが可能なのです。

このデジタル医薬品は服用された後にその効果を発揮します。
服用された後、胃の中に入ったセンサーチップは胃液に反応して信号を発するのです。

デジタル医薬品を服用する人は予め、センサーチップの信号を受信する為の検出器を体に貼っておきます。

そうすることで、胃液に反応したセンサーチップの信号は検出器に受信され、最終的には検出器が受信した日時をスマートフォン等の端末で記録として残しておくことができるのです。

体内に入ったセンサーチップは消化・吸収されることなく、排出することができるので、センサーチップによる体への害はありません。

デジタル医薬品にすることで、患者様がいつ薬を飲んだのかを医者が把握できるようになる為、より効率的に患者様の治療を行うことができるのです。

今回のこのデジタル医薬品は主に精神医療の分野で活躍すると期待されています。
薬の飲み忘れや、規定よりも多量に服用していないかを確認することで、患者様の容態を把握することができるのです。

この薬はまだ実用化されておらず、まだ販売はされておりません。

しかし、デジタル医薬品が社会に浸透すれば、薬の飲み忘れによる治療の難航を解消することができるようになります。

また、新薬の長期的な影響を正確に把握する為に新薬研究の分野でも活躍することができるようになります。

デジタル医薬品に対するこんな声も……。

デジタル医薬品は医療分野に新しい風を吹かせており、大いに期待されています。
しかし、一方でデジタル医薬品に対する懸念の声も上がっているのです。

その中で最も多い意見が

「プライバシーの侵害にはならないのか。」

という問題です。

デジタル医薬品を使用することにより、いつ薬を飲んでいるかという情報が医者にも把握できるようになります。

例えば薬を食後飲むように指定されている場合、薬を飲んだ時間から食事をどれくらいの時間に取っているのかという個人情報が把握できるようになります。

また、服薬状況を常に誰かに監視されているという状況が不安になってしまうという声も上がっています。

他にも拒薬傾向のある患者様にはさらに受け入れられない薬品になるのではないかという
意見や、精神医療の分野の場合、誰かに監視されているという不安が症状を悪化させないのかという意見もあります。

新しいものには必ず様々な課題が付いてくるのは仕方がないことです。

医療機関がデジタル医薬品の情報だけで、治療の判断を行ってしまわないよう、これからの医療機関とデジタル医薬品の在り方を確立する必要があります。

また。デジタル医薬品が社会に受け入れられるようになる為には、まず医療機関の情報セキュリティを高め、信頼性を持ってもらうことがスタートになるでしょう。

まだ実用化されていないので、今後、デジタル医薬品がどのようにこの課題を解決し、全ての患者様に受け入れられるようになることが目標です。

全ての医療機関は、医療分野において革新的な開発を価値のあるものにしていく必要があります。


▲TOPへ