薬と食べ物・飲み物で組み合わせてはいけないもの

薬と食べ物・飲み物で組み合わせてはいけないもの

薬は風邪などのウィルスを通常よりも早く倒してくれる優れものですが、それだけ効果が強いものです。間違った飲み方などするとかえって別の症状が発症することもあり得ます。

食後に飲んでくださいと薬には良く書かれていますが、だからと言って何を食べた後でも良いというわけではありません。世の中には薬と合わせてはいけない組み合わせの食べ物や飲み物などがあります。誤って飲んでしまうの危険なので、できるだけ知識としてつけておきましょう。

薬と飲み物

薬を飲む際にお水で飲んでくださいと良く言われるのには訳があります。
水以外で飲んでしまうとその飲み物に含まれている成分と薬が反発した作用を引き起こしてしまうことがあるからです。

そうでなくとも効果が薄れたりと薬を飲む意味がなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

・コーヒー・紅茶・玉露
つまりはカフェインの含まれる飲み物です。これらはよく使われがちな頭痛薬と飲み合わせが悪く、心拍数の上昇やイライラ感、湿疹などを引き起こす恐れがあります。
食後のついでに飲んでしまいがちですが、薬を飲む際には控えるようにしましょう。

・牛乳
牛乳は良くないというのは皆さんもよく耳にしたことがあるのではないでしょうか?
これは飲み合わせで作用が出るというよりは牛乳の作用によって胃に膜ができて薬の吸収が悪くなったりと、効き目が弱まりやすいので良くないということです。

・炭酸飲料
これも好きな方が多いとは思いますが、薬と飲むのには適しません。
特に制酸剤の胃薬などは胃酸を中和する働きで胃の調子を整えるものなのですが、炭酸を飲んでしまうと炭酸ガスに対して中和の効果が発揮されてしまって肝心の胃酸に対しての効果が薄まってしまうのです。

・お酒
これはもっとも気を付けなくはいけないものです。ものぐさな人でお酒好きの人はお酒を飲むついでに薬を飲む方もいらっしゃるかもしれませんが、非常に危険です。
アルコールを飲むと肝臓がアルコール分解のために酵素を発生させますが、この酵素は薬を有害な要素に変換させてしまうことがあります。

薬を解毒する肝臓の作用も弱まるので、睡眠薬や鎮痛薬の効き目が強くなりすぎ、昏睡状態や意識障害、果ては命に係わる重大な作用を引き起こすこともあります。とても危険なので絶対にこれだけはしないようにしてください。

薬と食べ物

食べ物も飲み物と同様に危険な食べ合わせがあるので、食後に飲む薬などは特に注意しましょう。

・グレープフルーツ
高血圧を抑えるお薬とグレープフルーツは食べ合わせてはいけません。
グレープフルーツに含まれる物質が酵素の働きを阻害し、必要以上に血圧が低下してしまったりしてしまいます。グレープフルーツジュースも同様に高血圧の方は摂取を控えましょう。

・チーズ
良く食べがち・飲みがちなチーズと鼻炎薬は食べ合わせが悪いです。
チーズに含まれる成分がこれもまた肝臓に作用し、鼻炎薬の分解を遅らせてしまいます。そうなると頭痛や動悸などを引き起こす可能性があるので気を付けましょう。

薬は便利で危険

薬と食べ物・飲み物の危険な組み合わせはご紹介しましたが、ここで、もっとも危険で注意すべきことをご紹介します。

それは薬と薬の飲み合わせです。これは良くない例が多く、いっぺんに複数の薬を飲むと多大な副作用をもたらすこともあります。とても危険なので、これだけはしないでおきましょう。

複数の病気にかかったとしてもどちらかを先に治すか、絶対にお医者さんに相談するようにしましょう。薬剤師の方でも構いません。とにかく自己判断だけはやめましょう。
薬にも書かれているように用法用量を守って薬は使いましょう。


▲TOPへ