医薬品と食品、化粧品等の違いをご存知ですか?

医薬品と食品、化粧品等の違いをご存知ですか?

最近では栄養ドリンクやサプリメント等、健康に対する意識が強くなったことと、技術の進歩により、様々な健康食品や薬が登場しました。

栄養ドリンクや、健康食品等に記載されている「医薬品」や「医薬部外品」という表記を見たことはありますか? 
これらは、その食品や薬が体にどれだけの有効性があり、どれだけ安全性があるかを証明し、それらの製品がどのような目的で使用されるのかを明確にする為に表記されているのです。

今回はそんな「医薬品」や「医薬部外品」等の表記の種類についてご紹介したいと思います。

表記の種類

薬というのは効果を得やすい分、体に大きな負担がかかり、副作用の心配もあります。
そんな薬が、通常の食品のようにドラッグストア等で販売されて、誰でも購入できる状態というのは非常に危険ですよね。

逆に、全ての薬を病院や薬剤師だけが扱うようになってしまうと、管理しきれなくなってしまう可能性があります。

医薬品や医薬部外品は有効成分の効果と、その目的が異なります。
【医薬品】
病院で医師が処方するお薬。
薬局、あるいはドラッグストアで薬剤師が管理している風邪薬や胃腸薬、目薬や滋養強壮剤等のOTC医薬品は医薬品として分類されています。

病気の予防や、治療を目的としており、有効成分の効果がしっかりと認められたものです。
これらの医薬品は、必ず医師や薬剤師の指導の下でなければ患者様に販売することはできません。

有効成分が症状に直接機能しますが、その分体への負担が大きく、アレルギー等による副作用の心配があります。
処方してもらう場合、あるいはOTC医薬品として購入する場合は必ず医師や薬剤師の話をよく聞いて、用量・用法を厳守して使用しましょう。

【医薬部外品】
医薬部外品は、医薬品のように効果が認められた薬品です。
医薬品のように作用が強くない為、人の体に対する負担が少なく、副作用の心配も大きくはありません。

医薬部外品といえば、エナジードリンクや、栄養剤のイメージが強いかもしれませんが、殺菌消毒効果のある化粧品や、殺虫剤等の口に含むものではないものも、医薬部外品に含まれています。

【化粧品】
医薬部外品よりもさらに人体への影響が少ないものは、化粧品というカテゴリに分類されます。
人の体に塗ったりふりかけたり、文字通りお化粧をする為の商品や、シャンプー等が化粧品として取り扱われています。

こちらはスーパー等でも販売しているように、一般の小売店でも販売可能です。
法律としては、医薬品、医療機器等の定義に含まれています。

薬と思いがちな食品?

冒頭でご紹介したように、ついつい薬だと思いがちなものが、サプリメントや健康食品等です。
これらは薬品ではなく、食品として扱われているのはご存知ですか? 

なので、上記のような2点は法律では食品衛生法で規定されており、医薬品のように効能や効果の表示をすることができません。
では、サプリメントや健康食品はどのような分類にされているのでしょうか?

【特定保健用食品】
みなさんもこの言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?
手軽に購入できる菓子類や、炭酸飲料等の特定保健用食品、いわゆるトクホがついた商品が流行しました。

これらは高コレステロールや高血圧を改善する効果が国に認められており、食品でありながら、その効果や効能を表示することができます。

【栄養機能食品】
一方、特定保健用食品ではない健康食品は、栄養機能食品と呼ばれています。
効果や効能を表示させることはできませんが、食品に含まれている栄養素がどのような成分なのかを表示させることができます。

いかがでしたか?
医薬品やその他の分類についておわかりいただけましたか?
化粧品と医薬品はそもそも口にするものではないという明確な違いがあります。
しかし、栄養剤系の医薬品と医薬部外品は、表記を見なければあまり見わけをつけることができません。

「最近体に疲れがたまっている」
「なんだか体調がよくない」
という日が続き、ついつい頼ってしまいがちになるのが医薬部外品です。
しかし、医薬部外品は先述のように、医薬品のように症状に直接的な効果はありません。

また、症状が回復しないからといって、用量・用法を誤ってしまうと、アレルギー等の副作用により、思わぬ事故に陥ってしまう可能性もあります。

体調がなかなか回復しない、辛い症状が続く場合はすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。


▲TOPへ