お薬はインターネットを使って購入ができる?

お薬はインターネットを使って購入ができる?

最近はインターネットの普及に伴って、色々な物がネット販売で入手できますよね。その波に乗っかって、お薬もまたインターネットで購入することができるようになりました。

お薬が必要な時って、傷が痛かったり、外に出歩くのが辛い状態のことが多いですよね。
そんな時に家から身体を動かさずベッドからでもお薬を注文できると考えるととっても便利ですよね。

ですが、インターネットを使って手軽にお薬を入手できるようになったのは割と最近の出来事で、今のようにインターネットで手軽に入手できるようになるまでも、薬剤業界でも色々な変遷があったんです。

それもそのはず、薬剤師の方など、お薬に詳しい方ならご存知でしょうが、お薬には薬事法と呼ばれるお薬専用の法律があります。

これによってお薬には色々な規制があり、実はつい数年前まではインターネットでお薬を販売することはできませんでした。

その法律が2014年頃に、大幅に規制緩和され、一般用医薬品が徐々にインターネット販売可能になったのです。

お薬とインターネット販売の変遷

お薬は初期品から得られるような栄養素が含まれているのではなく、ウイルスを撃退するような強力な成分を含んでいるものです。

ですので、使用方法を間違えれば副作用に悩まされますし、健康体で飲んでしまえば逆に健康を害す可能性もあります。それほど、お薬というものは便利であり、危険な物なのです。

ですから、薬剤師と呼ばれるお薬の専門家がお薬の管理をしているわけです。ですので、初めは薬剤師が管理できないネット販売は危険だ! とネット販売に反対する声が多かったのです。

ですが、その規制もインターネット社会になり始め、需要が高まった結果、今のようにインターネット販売が解禁されるようになりました。

特に目立って改正があったのは、第一類・第二類医薬品ですね。これらの医薬品は、元々対面販売しかできないものでしたが、ようやくネット販売できるようになりました。

依然として、要指導医薬品に関しては対面販売が必要ですが、これだけでもお家から中々出られない、近くに薬局がないという方には非常に嬉しい変化ではないでしょうか?

お薬のインターネット購入時の注意点

インターネットで手軽にお薬を手に入れられるようになって便利な反面、注意しなくてはいけないことがあります。

薬には不適合だった場合に副作用が発生したり、飲み合わせに危険性があったりします。本来は購入の際に薬剤師の方に自分の症状はどのような薬が適しているのか判断してもらってから処方してもらうものですから、素人手で選べば危険なのは明白ですよね。

可能であるのならば、まず初めは薬剤師の方にどのお薬がこの症状には適しているのか事前に聞いておき、その症状が起こった際にインターネット販売を利用するようにしたいですね。

でもお薬のインターネット販売はあくまで緊急手段ですので、体が怠くて運転や自転車に乗ったりできないという状況下でないのなら、なるべく自分の足で薬局に行き、薬剤師の方にちゃんと症状に合うお薬を処方してもらうようにしてください。


▲TOPへ