苦い!苦手なお薬を上手に飲む方法は?

苦い!苦手なお薬を上手に飲む方法は?

皆さん苦手な方も多いでしょう、お薬の味。子供向けに薬を飲むためのゼリーが販売されるほど、苦手な人が多いのが現状です。もちろん子供だけでなく大人であっても苦手な方は多いです。

特に皆さん苦手なのは粉末タイプのお薬ですね。カプセルタイプと違って直にお薬が舌に乗りますから、それはそれは味を感じてしまいます。

苦手な方は何回かに分けて飲んだりするそうですが、私としてはその方が長く苦しむことになるのではないかと心配で仕方ありません。実際この方法をして後悔したという声もちらほら聴いています。

粉末タイプのお薬を苦手な人がこれだけ多いのにも関わらず、なぜお医者さんは粉末タイプのお薬を提供してくるのでしょうか? 確かにこういった粉末が苦手な人が多いからこそカプセルタイプが増えたのだと思いますが、未だに粉タイプのものは減っていません。

もちろんそれには理由があります。粉末タイプのお薬はなぜあそこまできめ細かに粉末状になっているかといいますと、胃で早く溶けやすいようにあのような作りになっているのです。

浸透のしやすさで言えば粉末>錠剤>カプセルですからね。やはり錠剤であっても、粉末に比べるとかなり浸透速度は違うみたいですね。ましてやカプセルなんて溶けるのに時間がかかってしまいますから、やや効果が表れるまで時間が掛かってしまいます。

とは言っても、粉末タイプが口の中に張り付いたり、喉に引っかかったりすることには変わりはないですよね。ここを突破できないと粉末を飲もうとは思えませんよね。

ここからは粉末お薬を飲む際のコツをご紹介させていただきます。

粉末お薬の飲み方

粉末タイプのお薬を飲む方法は幾つもありますので、私が厳選したおすすめの方法をご紹介いたします。

まずはスタンダードな方法ですが、水を先に口に含んでおくという方法があります。
どうしても先に粉末薬を飲んでしまうと水を飲むまでの間に唾液で溶けてしまって口全体に苦みが広がりやすいです。事前に水を飲んでさえおけば口にお薬を含んだ瞬間飲んでしまうことができるんです。

あるいは、水を少量含んでお薬を飲んで更にお水で流し込むという方法もあります。
この方法だと口の中に薬が張り付いて残るということを防げるので苦みも残りにくいです。

次にやや強引な方法ですが、何かと一緒に食べてしまうという方法があります。それも味の濃いもので苦みを打ち消すのです。

おすすめの食べ物で言えば練乳やチョコクリーム、ジャムのようなあまーいものですね。
事前にカップか何かに練乳やチョコを垂らして底にお薬を投入ちょこっと混ぜ混ぜしてから水を入れて一気に飲み干す。

これなら苦さをほとんど感じませんので安心です。ですが、注意して欲しいのが作ったらすぐ飲んでしまうようにしましょう。粉末が溶けてしまうと性質が変化してしまうものもあるかもしれませんから。

他にもそもそも配合に適さない、危険な食べ物との組み合わせもあったりしますので、どうしても苦くて飲めないという場合は薬剤師の方に相談してみましょう。

あまり配合の危険が無いもので言えばオブラートやゼリーなどでツルッと流し込むのがおすすめですね。実際商品として売れているだけあって確かな方法ですので、やはりこういった万人が認める方法を利用するのが得策でしょう。

お薬は中々飲みづらいかもしれませんが、長く病気が続くよりは一瞬苦みを我慢する方が遥かに楽です。ここはあらゆる手を尽くしてなんとかお薬を飲めるようにしてみてくださいね。


▲TOPへ