薬剤師が居なくては販売してはいけない第1類医薬品

薬剤師が居なくては販売してはいけない第1類医薬品

皆さんに歯が痛くなった時や、市販のお薬では収まらない痛みが生じた際に、「ロキソニン」に1度はお世話になったことがあるのではないでしょうか?

私も親知らずを抜いた際に、痛みに耐えかねて処方してもらったことを覚えています。
その際、びっくりするほど痛みが引いたことを覚えていたので、それからしばらくして虫歯ができてしまった際、一時しのぎの為にロキソニンを求めて街を駆け回ったことがありました。

ですが、ロキソニンは強力なお薬ですので、販売には条件がいります。それは薬剤師の方が処方することです。ドラッグストアに辿り着いてロキソニンは置いてありますか? と聞いてみて「ありますよ」と言われた時には天から糸が垂れてきたような幸福感に包まれました。

ですが、その後、「あるにはあるんですが、今は薬剤師の方がいませんので、販売することができないんですよ」と言われてしまって絶望したことを覚えています。

そうです、ロキソニンのようないわゆる「第1類医薬品」と呼ばれる医薬品は薬剤師がいなければ販売できない決まりになっているのです。ですので、インターネットでの販売ももちろんできません。これは法律で決まっていますので、薬剤師不在の場合はどうしても欲しいと言われてしまっても販売してはいけません。

鼻炎などでお悩みの方なら、ピンとくる名前かもしれませんが「アレグラ」というアレルギー専用鼻炎薬もつい数年前まで第1類医薬品だったので、薬剤師無しでは購入することができませんでした。

もしもどうしても今必要ということでしたら、ドラックストアに行くよりも薬局に行く方が良いでしょう。薬局には必ず薬剤師の方が居ますので、お近くに薬局がある場合はこちらで購入するのがベターでしょう。ですが、ドラッグストアしか近くになく、車や電車に乗って長時間移動するのは痛みに耐えられないということでしたら、代用品を購入するようにしましょう。

ドラッグストアの店員さんの知識量によってはその場で代用品を選んでくれることもあります。ドラッグストアでロキソニンを購入したいというお客さんはよく来るそうで、店員さんも次第に慣れてしまうみたいです。

ですので、迷った時には店員さんにダメ元で聞いてみましょう。例えば鼻炎薬などで、かゆみ止めの効果があったり、頭痛薬で他部位の鎮痛効果があったりと意外と応用が利くお薬は世の中にたくさんあります。ですが、あくまで応急処置ですので、適したお薬でないものをずっと服用することは避けましょう。

一時しのぎをできたら次はしっかり薬剤師の方がいる日、もしくは薬局で相談をしてお薬を処方してもらいましょう。

よく耳にする第1類医薬品

ロキソニンにはもちろんのこと他にも第1類医薬品に含まれていて、皆さんもよくCMなどで耳にするお薬はあります。例えばコンタック鼻炎薬、こちらの一番強いZは旧アレグラと同じく強力な抗アレルギー薬ですので、薬剤師の許可が必要になるお薬です。
腹痛や下痢などを和らげるガスター10なども実は薬剤師が居なければ購入することができません。

このような第1類医薬品を購入したくなった場合はドラッグストアに寄らず、直に薬局に駆け込むようにしましょう。そうすれば余程のことが無い限り入手することができることでしょう。

薬が必要なほどの痛みは本当に辛いものですが、辛いからと言って安易に薬を使ってしまうと後々副作用に悩まされてしまうこともあるでしょう。ですので、第1類医薬品に入っていない薬剤であってもできるだけ薬剤師の方と相談しながら購入することを心掛けましょう。それがケガや病気治療の近道ですよ!


▲TOPへ