薬剤師なら知っておきたいOTC医薬品

薬剤師なら知っておきたいOTC医薬品

皆さんはOTC医薬品という医薬品をご存知でしょうか?
薬剤師の方、薬剤師を目指している方ならしっかりと知っておきたい医薬品の一つです。
薬剤師の方は特に関わることの多い医薬品ですから、ぜひ知っておいてくださいね。

OTC医薬品とは?

OTC医薬品というのはお医者さんの処方箋がなくとも薬局やドラッグストアで購入することができる薬を指します。

OTC医薬品とはOver The Counterの略で、簡単に言ってしまえばお店のカウンター越しで買うことができる薬という意味です。もっと簡単に言ってしまえば市販薬ということです。

逆に医師からの処方箋が必要になる医薬品を医療用医薬品と言います。処方薬とも呼ばれますね。こちらは医師と薬剤師両者の指示の元、処方されるような用法を間違えると危険なお薬を扱っています。高い効果がある分、副作用なども考えられ、薬剤師が慎重に選択しなくてはいけないお薬になります。

もちろんOTC医薬品に関してもお客さんが個人で購入できるお薬とは言え薬剤師が症状に合わせてお薬を選ぶことも重要です。
市販の薬剤は性能を抑えて安全性を重視したものにはなっていますが、複数の成分が入った薬であることに変わりはありませんので十分な注意が必要です。

特に複数症状が発生しているのであれば飲み合わせなど考えなくてはいけませんので、複数の薬を購入しようとしている方には一度お声がけをしてもよいかもしれません。
皆さんの健康を守ることも薬剤師の役目の一つです。

OTC医薬品には二種類の種類があり、「スイッチOTC医薬品」と「ダイレクトOTC医薬品」というものがあります。

スイッチOTC医薬品というものはいわゆる元々は処方箋が必要な強い薬だったが、次第に有効性や安全性が確立され、市販薬として販売が可能になったお薬を指します。
ダイレクトOTC医薬品というのは初めから市販薬として販売されている医薬品を指します。

ですが、OTC医薬品だからといって、どれもお客さん側で購入をできるわけではないんです。一般医薬品と処方薬との間には要指導医薬品というグレーゾーンと呼べる医薬品があります。

医師の判断が必要なほどの医薬品ではないけれど、薬剤師が判断しなければ販売してはいけないお薬です。いわば薬剤師の処方箋が必要なお薬といったイメージですね。

もちろんその場に薬剤師の方がいますし、処方箋を実際にもらうわけではありませんが、患者さんの状態を薬剤師の方が判断して、販売してよいか決めるのがこの要指導医薬品です。これも歴としたOTC医薬品の一つです。

OTC医薬品を利用する際にはいくつか注意点も必要です。やはり弱めのお薬ですから、体調不良の度合いによっては薬が効かない場合もあります。長期間利用して、OTC医薬品が効かなかった場合はちゃんと医療機関を受診するようにしてください。

病気というものは悪化してしまってからでは遅いことが多いです。症状が弱いうちに対処した方が治りも早いですし、大事に至る可能性も減ります。ですので、OTC医薬品を利用する際にはあまり自己判断をしすぎないように気を付けてくださいね。

OTC医薬品を使う際はお薬の飲み合わせを注意する必要ももちろんありますが、一緒に食べる食べ物や薬を飲むための飲み物にも注意しなくてはいけません。
ものによっては効果を薄めてしまうものや、効果を悪い方向にもっていってしまう組み合わせもあります。

お薬を飲む際にはやはり白湯が一番ですので、OTC医薬品を飲む際には白湯で飲むようにしてくださいね。薬剤師の方もOTC医薬品を利用しようとしている方がいれば、一度どのような症状が起きているのかはヒアリングしてあげてくださいね。


▲TOPへ