花粉症対策の薬、ちゃんと選べてる? 病院で診断を受けよう

花粉症対策の薬、ちゃんと選べてる? 病院で診断を受けよう

花粉症、辛いですね。初期療法として早めの対策を打つなど、花粉症に関する知識を十分身につけている人も多いですが、知識に抜けがないか改めて確認してみませんか?

花粉症の仕組みと治療薬、病院に行く重要性について見ていきましょう。

花粉症の基礎知識

花粉症は、植物の花粉がアレルゲン(=アレルギーの原因物質)となってアレルギー症状を引き起こす病気です。

花粉症はアレルギー性鼻炎ですが、アレルギー性鼻炎はそもそも「季節性アレルギー性鼻炎」と「通年性アレルギー性鼻炎」の2種類に分類されます。

花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎に該当します。花粉が原因で、花粉が飛ぶ時期にのみ症状があるため「季節性」と言えるのでしょうが、実際のところ、花粉には1年を通して注意を払う必要があります。

アレルゲンには、代表的なスギ、ヒノキのほか、イネ科の植物の花粉も該当します。一般に症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、さらに目のかゆみや充血などを伴うこともあります。

通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンは、ダニ、ハウスダストなどで、花粉症とはアレルゲンに違いがあります。

花粉症の仕組み

鼻や目の粘膜を経由して花粉が体の中に入った時、私たちの体はこの花粉(=アレルゲン)にどう対処するべきかを判断します。

花粉を異物とみなした場合、IgE抗体という物質が作られます。この抗体は、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面に存在することになります。

次回、同じ種類の花粉が体の中に侵入してIgE抗体と結合した時に、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌され、アレルギー症状が起こります。つまり、これは花粉を体の外に排出しようとする行為というわけですね。

どんな薬が必要?

花粉症の治療には、ヒスタミンの働きを抑える抗ヒスタミン薬がよく使用されます。

花粉症の仕組みを見るとヒスタミンは悪者のようですが、実は、脳で「(日中)眠くならないようにする」「学習能力を高める」ために働いてくれています。

抗ヒスタミン薬の主な副作用には、「眠くなる」「集中力が低下する」といったことが含まれます。つまり抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの働きを抑えることで、花粉症対策につながると同時に、集中力や判断力の低下につながる危険もはらんでいたのです。

「はらんでいた」と過去形で書いたことには理由があります。

確かに、以前の抗ヒスタミン薬(第1世代とされる)は、眠気をもたらしやすい薬でした。

第2世代抗ヒスタミン薬なら、眠気や集中力低下などの副作用が少ないものもあります。病院で処方されるだけでなく、市販薬にもありますね。(例:アレジオン20〈エスエス製薬〉)

ちなみに「アレジオン20」には、第2世代抗ヒスタミン成分の「エピナスチン塩酸塩」が配合されています。この成分は、鼻ではヒスタミンの働きを阻害するものの、脳には移行しにくいので、覚醒を妨げません。つまり、鼻炎を緩和する効果は保ちつつ、眠気が起こりにくいのです。

病気を「知る」重要性

市販薬は購入しやすい分、副作用のリスクを下げるよう、量を調整されたものもあります。ただ、処方薬と同量の成分を含み、同じ効果を期待できる市販薬もあるので、「病院に行かずとも市販薬で事足りるのでは?」と思われるかもしれません。

ですが、誤った判断をして、選んだ市販薬が自分に合わない、という結果は避けたいですよね。

特に初めて「花粉症になった」と思ったら、本当に花粉症であるのか、原因は何かを医師に診断してもらうことが重要です。症状は人によって違いますので、あなたに合った薬を処方してもらいましょう。

眠気の出にくい薬が増えてきているものの、やはり副作用の出方には個人差があります。そういった点でも、医師に相談して適切なアドバイスをもらうほうがよいでしょう。

自分の不調の原因を知り、処方された薬(あるいは市販薬)について理解するよう努めていきましょう。


▲TOPへ