薬剤師なら知っておこう! ポリファーマシーの現状について

薬剤師なら知っておこう! ポリファーマシーの現状について

薬剤師の方ならもちろんご存知だと思いますが、『ポリファーマシー』について今回お話していきたいと思います。薬剤師だからこそ、ポリファーマシーへの対策で、できることがあるはずです。ここでは、ポリファーマシーについて、詳しくお話していきたいと思います。

ポリファーマシーについて

『薬』というのは、本来、病気を治療するために、そして健康を取り戻すために服用するものですよね。しかし必要以上に服用してしまうことで何らかのリスクが引き起こされる可能性があります。そのリスクとして『ポリファーマシー(多剤服用)』というものがあります。

必要以上に多剤服用してしまうと、副作用以外にもさまざまな影響を及ぼすことが考えられます。例えば、医療費が高くなってしまったり、救急外来受診率が上がってしまったり、入院時間がながくなってしまったりとさまざまなことが挙げられます。

さらにこの他にも、多剤服用によって合併症のリスクや転倒・骨折をしやすくなったり、死亡率が上がったりと多岐にまでその影響は及ぶとされています。

ポリファーマシーには、こういった現状が挙げられますが、薬剤師として何かできることはないのか、今一度ここで考えていきたいと思います。

『ポリファーマシー(多剤服用)』がもたらす影響

ポリファーマシーは、一体どのような影響をもたらすのでしょうか。上記でも、いくつか例として挙げましたが、詳しくお話していきましょう。

現在、日本老年医学会が出した調査結果によると、薬を1〜3種類飲んでいる場合、副作用などの有害事象を引き起こす割合は6.5%とされています。これが6〜7種類となるとその割合は、なんと13.1%とおよそ倍に跳ね上がります。

多剤服用が起こる原因としては、いくつか挙げられます。その中でも気をつけたいのが『副作用を対処するための処方の連鎖』です。本来の症状を治療するために処方された薬の量が適切であっても、副作用が引き起こされることがあります。この場合、その副作用を抑えるために、別の新たな薬を追加で処方することがあるのです。

例えば、胃が不調だったとします。その胃の不調を治すために制酸剤が処方されます。しかし制酸剤の副作用として便利が起こりやすくなるため、便秘に対応するため便秘薬も追加で処方されるというわけですね。こういったように、どんどん処方される薬の種類・量が増えていってしまうのです。

この問題は、医療側の認識不足もありますが、それだけではありません。患者側にも問題があるといえます。患者さん自身が自分の不調に対して薬の処方を求めてしまうなど心理的問題が考えられます。

精神疾患患者にもリスクがある

ポリファーマシーは、基本的に高齢者の多剤服用のことを指すケースが多いです。しかし高齢者だけではなく、精神疾患患者に対しても問題が起こることがあります。

高齢者の中には、いくつかの病院を重複受診する人も珍しくありません。また高齢者の患者さんは、さまざまな症状に悩まされていることも多く、血圧の薬や高脂血症、糖尿病などさまざまな薬の処方を受けているケースもあります。さらに高齢者は、腎機能が低下するので有害反応を引き起こしやすいことが考えられます。

精神疾患患者も高精神科薬の多剤服用がよくみられます。2014年10月に『抗不安薬、睡眠薬、抗うつ薬及び抗精神病薬の処方の適正化』が施行されました。

これにより、1回の処方の中で3種類以上の抗精神病薬を投薬した場合、保険点数の減算が適用されるようになりました。こういった診療報酬改定が行われたのは、やはり精神科の多剤併用が問題視されたからだと言えるでしょう。

ただ改定後も異なる種類の薬剤の多種処方が続いていました。そこで2016年にまた改定が行われることになります。その海底では、さらに薬剤の管理内容が厳しくなりました。内容に合わせて保険点数の減算も行われるようになったのです。

改定が進められたことにより、多剤服用は徐々に減少傾向にあります。それでも、過去の多剤服用が習慣化してしまっている長期入院患者さんも少なくありません。

ポリファーマシーにおいて薬剤師ができることは?

ポリファーマシーにおいて薬剤師ができること、それは一体なんでしょうか? 最初にも言いましたが、薬はあくまで病気を治療し健康になるためのものです。その薬のせいで、患者さんに不調が出てしまっては元も子もありません。そうならないように、薬剤師がきちんと意識していくことが大切です。

例えば、基本的なことですが、薬の確認を徹底しましょう。疾患の確認はもちろんのこと、処方内容を見て副作用を抑えるための薬が出されていないか確認することが大切です。実際に副作用が出ていなくても、副作用を抑えるための薬が処方されているケースも珍しくありません。

また患者さんとのコミュニケーションも重要になってきます。ポリファーマシー防止に動こうと思った時、医師の了承は得られても患者さんが納得しないこともあります。患者さんからの信頼を得ていれば、「薬剤師に、勝手に薬を減らされた!」と思われることにならないはずです。

ですから日頃から患者さんとは、しっかりとコミュニケーションをとって、薬剤師と患者さんの間に信頼関係を築いておくことが重要となってきます。服薬指導やカウンセリング、時には雑談なども行いながら、より良い関係が築けるように普段から意識しておくようにしましょう。

あとは、処方医との連携を高めることも大切と言えます。処方医への情報提供は欠かせません。疑義照会を行なっても、医師から了承を得られないケースも考えられます。医薬連携は、いわばポリファーマシーの最前線と言えます。医師会の研修に参加するなどして、処方医との関係性・信頼性もしっかりと築いていくことを意識しておくようにしましょう。

診療報酬改定と薬剤師

2016年に施行された診療報酬改定。この改定では、ポリファーマシー患者に対して、減薬に繋がる加算が新設されています。医療機関においては、『薬剤総合評価調整加算』や『薬剤総合評価調整管理科』といった形で、条件が満たされることで保険点数が加算されるようになっています。

また保険薬局が減薬に関わった場合は、『連携管理加算』を算定することができます。現在、ポリファーマシーに関する取り組みは、国全体を挙げて進められています。その中で薬剤師も、薬剤師としての立場からしっかりとポリファーマシーに取り組んでいきたいところです。


▲TOPへ