薬剤師と登録販売者の違いってなんだろう?

薬剤師と登録販売者の違いってなんだろう?

皆様の中に登録販売者というワードを聞いたことがある方はいないでしょうか? 薬剤師とは違うけれども薬の販売に携わる登録販売者。

当コラムではそんな登録販売者をテーマにしてご紹介させて頂きたいと思います。意外と知らない登録販売者の世界を当コラムきっかけに是非知って頂きたいと思います。

まずは一般用医薬品の分類について知っていただきたいです!

まずは登録販売者と呼ばれる人たちについてのご説明をさせていただく前に一般用医薬品の分類についてご説明させて頂きたいと思います。

一般用医薬品とは大きく分けて3つの分類に分けることができるのですが、その3つの分類を以下でご説明致します。

第一類医薬品について

まず1つ目が「第一類」と呼ばれる医薬品です。第一類に含まれる医薬品の定義とは一般用医薬品としての使用経験がまだ少ないということが挙げられます。そして安全性上の問題で特に注意が要される医薬品も含まれます。

そして第一類は薬の情報を購入者に必ず伝える義務があります。要するに薬の説明を必ずしなくてはいけないと言うことなのです。

第二類医薬品について

2つ目が「第二類」と呼ばれる医薬品です。第二類に含まれる医薬品の定義とは極稀に入院相当以上の健康被害が生じるという可能性がある成分を含んでいるというところにあります。

第二類に関しましては薬の情報を購入者に必ず伝える必要はありませんが、もちろん購入者から相談を受けた場合は説明の義務が生じますし、相談がない場合においても情報を伝える努力義務というものがあります。

第三類医薬品について

3つ目が「第三類」と呼ばれる医薬品です。第三類に含まれる医薬品の定義とは、日常生活においての支障をきたす程ではありませんが、全身に変調や不調をきたす恐れがある成分を含むというところにあります。

第三類に関しましては購入者から薬の相談を受けた場合は、情報を伝える義務が生じるのは第一類・第二類共に同じですが、相談がなかった場合の説明の義務はありません。

このように上記が一般用医薬品においての3つの分類分けになります。ではこの3つの分類を踏まえた上で続きでは、登録販売者に関しましてのご説明をさせて頂きたいと思います。

登録販売者と呼ばれる人たちは薬剤師と何が違うの?

先述の3つの一般用医薬品の分類を踏まえた上で、登録販売者とはいったい何をする人たちのことを指すのかをご説明させて頂きます。

同じ薬の販売に携わる薬剤師と登録販売者ですが、薬剤師と登録販売者の決定的な違いとは販売することのできる薬の制限です。

薬剤師とは一般用医薬品の3つの分類の薬の全てを販売することができます。それに対して登録販売者は第一類の販売をすることが禁止されており、第二類・第三類の販売のみ行うことができるのです。

この差が薬剤師と登録販売者の決定的な差であるのです。

薬剤師がいるのに何故登録販売者が増えているの?

薬剤師と登録販売者の決定的な差は皆様にご理解頂けたであろうと思います。では、何故薬剤師という薬学のプロフェッショナルがいるのにも関わらず登録販売者という資格ができ、その人数が増えてきているのかということをご紹介したいと思います。

近年の登録販売者の増加の背景には深刻な薬剤師の不足が挙げられます。そんな中法改正によってスーパーや24時間営業のドラックストアでも医薬品を販売できるようになりました。

しかし深刻な薬剤師の不足を考えると、販売することができる医薬品に制限はありますが、登録販売者を頼るほうが、医薬品販売を行っている企業にとってはニーズが合っているのだということが考えられます。

この現状が登録販売者の増加に対する背景にあるのです。登録販売者とは身近な医薬品販売に大きく関わっている存在であるということを知って頂けたでしょうか?

私たちが生活の中で簡単に医薬品を手にすることができるのには薬剤師と登録販売者と呼ばれる方たちの存在があるからなのです。


▲TOPへ