子どもたちを守る学校薬剤師の役割とは?

子どもたちを守る学校薬剤師の役割とは?

薬剤師といえば皆さん薬局やドラッグストアに勤務しているイメージが強いかと思いますが、学校にも実は薬剤師が勤務しているんです。

もちろんこれは幼稚園から高等学校までしっかりと配属されています。これは法律で定められていて、大学以外の教育機関には基本的に学校医と学校薬剤師を置くことが義務付けられているんです。

普段暮らしていて保健の先生と関わることはあっても、薬剤師の方と学校で出会ったりする機会は滅多にないですよね。もしかすると出会っているかもしれませんが、学生時代にこの人は薬剤師の方だ、と思うことはあまりないことでしょう。
私もあまりそういったことを考えたことはありませんでした。

学校薬剤師の役割

薬剤師の役割は何も薬を扱うだけではありません。教室の空気が汚れていないか、飲料水やプールなど、衛生管理はしっかりとしているかなどを調べることも薬剤師の仕事の1つなんです。

もちろん保健室や理科室などの薬品を扱っている教室の管理も薬剤師の仕事であったりします。あまり、頻繁にあることではありませんが、学生が薬物を使用してしまった時の相談窓口でもありますね。

好奇心旺盛で、今はネットなどを通じて簡単に入手出来てしまう恐れもあるので、気を付けてみていきたいところですね。そういった知識を生徒に知らせる公園なども薬剤師のお仕事です。ある意味では教員のようなことも仕事の1つだと言えますね。

この学校薬剤師はかかりつけ薬剤師などになるためには避けては通れない重要な役割でいわば薬剤師の研修のような役割を持っていたりもします。この学校薬剤師を経験することはかかりつけ薬剤師になる際の算定要因である「地域活動」に含まれます。

ただ、日本の将来を担う子供たちの健康を守る役職ですから、そう簡単になることはできないのが現状です。学校薬剤師になるためにはしっかりと薬剤師会の承認や斡旋が必要となります。ですので、既存の学校であると、既に定員オーバーでなることができないこともざらです。

それほど頻繁に学校が開校されるわけではありませんし、中々チャンスを掴むのは難しいとも言えます。特に東京など薬剤師の卵の多い地域では欠員待ちにかなり時間を要することもあるので、他所の地域へ引っ越しをすることもあるそうです。

もちろんこれは点数の1つですから必ずしもならなくてはいけない物ではありませんが、薬剤師として大成したいのであれば確実に体験しておきたい項目です。
運やコネなど必要ではありますが、粘り強く探してみて欲しいです縁。

学校薬剤師になりたい方でしっかりと覚えておいて欲しいことは3つ。
教育者として相応しい人間性を示すこと
教育に関して理解を深めること
薬剤のみならず教育など必要な知識を常に追い求めること

この3点はしっかりと守っていきたいものです。
そこまでは言いませんが、学校薬剤師の専任となる意思があるのなら教員免許を取れる程度には勉強をしておきたいものですね。そして子どもたちの機微をわかるように教育の厳しさや難しさなどを思案し、理解を深める必要があります。

そして薬剤師だからといって薬のみの知識を得ればいいというわけでなく教育やそれ以外の病気など様々な知識を常に探求し仕入れていく姿勢が必要となってきます。

お医者さんと違い直接誰かの命を託されているわけではありません。薬剤師の出すお薬は患者さんの命に直結していることも多々あります。間接的だからと気を抜かず、自身が患者さんの命を手にしていると自覚をして真摯に仕事に取り組むようにしてください。それが薬剤師になる上で必要な項目です。


▲TOPへ