皆さんサプリメントとお薬の違いってご存知ですか?

皆さんサプリメントとお薬の違いってご存知ですか?

医薬品を取り扱っている薬局やドラッグストアなどにいくと、セットで健康食品が販売されていたりしますよね。なので、サプリメントもまた薬剤師が管理する薬剤の仲間なのかな? と疑問に思われる方も少なくありません。

実際にこの程度の症状なら、お薬ではなくサプリメントを取っておけば大丈夫ですよ。なんて話もあったりします。

ですが、サプリメントと医薬品はイメージこそ似た者ですが、その性質は全然違うものになります。そしてもう1つ気を付けて欲しいことがありますので、そちらも同時にご紹介させていただきます。

サプリメントとお薬の違い

単純にサプリメントは薬事法に照らし合わせてみると医薬品の括りではありません。
この時点で、医薬品とサプリメントが違う物だと言えてしまいますね。
じゃあこのサプリメントはどういった括りで、薬みたいに規制や管理はないの? という疑問が湧いてくるかと思います。

サプリメントとお薬の大きな違いですが、やはり含まれる成分の種類に大きな差があります。サプリメントは元より不足しがちな栄養素を補う為に摂取する健康補助食品という位置付けで、病気を治したり治療するためのものではありません。

あくまで、身体の治癒力を高めたり、予防というよりは免疫力を高めるための物なんです。
そして、サプリメントに含まれる成分は人間の体内に元々ある成分であることがほとんどです。ですので、医薬品というよりは食品の仲間という認識の方が正しいと言えます。

ではお薬はどういった物かと言いますと、逆に人間の身体に本来ない成分が多く含まれている特徴があります。なので、身体に異常を引き起こす可能性があるということで、国からしっかりと規制が敷かれているわけです。

病気は自然に治癒し辛いものですから、お薬の服用が認められていますが、本来お薬という物は身体に良いものではないので、あまり使うべきものではないのです。
だからこそ薬剤師の方がしっかりと見極めてお薬を処方するわけです。

本来はサプリメントもあまりに取りすぎると体に良くないこともありますから、誰かが管理するべきではあるのですが、それを言ってしまうとあらゆる食材で同じことが言えますので、特に知識がないと危険なお薬に関しては薬剤師という専門家が配置されているわけです。

サプリメントとお薬の注意点

冒頭でも少し触れましたが、サプリメントとお薬を飲む際に気を付けて欲しいことがあります。

サプリメントは皆さん恒常的に飲んでいるという方も多いかと思いますが、風邪を引いた時に風邪薬を飲んで、更にいつも飲んでいるからとサプリメントを飲むことは非常に危険ですので、おやめください。

サプリメントとお薬にも飲み合わせが良くない物があります。もちろんこれはサプリメントというよりは食材全般に関わるお話です。

例えば皆さん耳にしがちで定期的に摂取している方も多いビタミンC、この成分は利尿薬などと併用してしまうと、腎臓に異常が起きて尿路結石ができてしまうこともあります。

サプリメントで摂りがちなカルシウムなども、強心薬などと併用してしまうと、血中カルシウム値が上昇してしまい、嘔吐や不整脈などを引き起こしかねません。

他にも危険な組み合わせという物はたくさんありますから、薬を飲まなくてはいけない状況になったら極力、成分の多く含まれるものなど口にしないようにしてください。おじややうどんなどの軽いものを口にできるとベストですね。

サプリメントもお薬と同じく、用法用量を守って摂取してくださいね!


▲TOPへ